ボリショイ劇場券、エルミタージュ劇場券(バレエ)白鳥の湖のチケット手配

MENU

チャイコフスキー記念サンクトペテルブルク・バレエ劇場

tcha

チャイコフスキー記念サンクトペテルブルク・バレエ劇場

tchikao

チャイコフスキー記念サンクトペテルブルク・バレエ劇場は2012年にマリインスキー劇場管弦楽団及びサンクトペテルブルクフィルハーモニーのオーケストラ団員であったパーヴェル・エルキンにより創立されました。

芸術監督の地位にはワガノワ・国立ロシアバレエの卒業生であり文化業績者メダルを所有する振付師でもあるエリザベータ・メンシコワが招かれました。

現在、チャイコフスキー記念サンクトペテルブルク・バレエ劇場はクラシックバレエの第一線で活躍するばれ団の一つであり、レパートリーとしてチャイコフスキーの「白鳥の湖」、「くるみ割り人形」、「ロミオとジュリエット」、ドリーブの「コッペリア」、などを上演しています。毎年、サンクトペテルブルクの「アレクサンドリンスキー劇場」、「エルミタージュ劇場」、「サンクトペテルブルク音楽院オペラ・バレエ劇場」、海外のスウエーデン、ドイツ、ノルウエーの劇場で約150から200の公演を行っています。

団員は53名、世界でも有名なワガノワバレエ学校やその他ロシアの有名バレエ学校の卒業生達からなっています。有名な専門誌「バレエ」、「芸術」、「バレエへの窓」誌にもその活動が取り上げられています。このバレエ団は最も成功した若いバレエ団で「サンクトペテルブルク様式」を持つことで知られています。

現在チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」、組曲第3番、イタリア奇想曲、ヴァイオリン協奏曲、序曲「ロミオとジュリエット」の音楽のもとで創作された「ロミオとジュリエット」が人気を集めています。

チャイコフスキー・バレエ劇場の舞踊手達▷


2013年6月29日アレクサンドリンスキー劇場での「白鳥の湖」の初めての公演の様子。

 

 

お気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.