ボリショイ劇場券、エルミタージュ劇場券(バレエ)白鳥の湖のチケット手配

MENU

マリインスキー劇場

マリインスキー劇場

img_3030b

マリインスキー劇場は、1783年に女帝エカチェリーナ2世の勅令により、オペラとバレエの専用劇場としてサンクトペテルブルクに開設された帝室劇場です。石造りであったことから「石の大劇場」(ボリショイ・カーメンヌイ劇場)と呼ばれていました。

現在の劇場は1859年、アルベルト・カヴォスの設計によりネオ・ビザンチン様式で建設され、翌1860年、皇帝アレクサンドル2世の皇后マリア・アレクサンドロヴナの名に因み、「マリアの」という意味の「マリインスキー帝室劇場」と名付けられました。1886年、カーメンヌイ劇場が閉鎖され、オペラとバレエはマリインスキー劇場に上演されることになり、黄金時代を迎えました。

スターリン時代の1935年に、暗殺されたセルゲイ・キーロフを悼みキーロフ劇場と改名されましたが、1991年のソ連解体後、1992年に「マリインスキー劇場」の名称に戻されることになりました。建物は、サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群の一部としてユネスコの世界遺産に登録されています。
ワレリー・ゲルギエフは1988年芸術監督に就任、1996年に総裁になりました。
新劇場のマリインスキー2は2003年に、ポストモダン派の建築家D・ペローの設計により建設され、2013年5月2日にプーチン大統領が出席して?落とし記念式典が開催されました。

マリインスキー・バレエ

世界五大バレエ団の一つで最高峰とも言われています。ロシア帝国の宮廷バレエを起源とし、ロシア国内で最も格調の高いバレエ団です。世界的にも長い歴史をもち、バレエの歴史に大きな影響を残したバレエ団で、二百年以上の伝統を誇っています。

1730年代にフランス人ジャン・バティスト・ランデにより首都サンクトペテルブルクに帝室舞踊学校が創立されることによりフランスから宮廷バレエがロシアに伝わりました。これがマリインスキー・バレエの起源ともなりました。
1783年に、女帝エカチェリーナ2世の勅令によりオペラ・バレエ専用のボリショイ・カーメンヌイ劇場が建設され、ここを拠点として活動しました。
1800-1850にはフランスを中心にロマン主義の影響を受けた作品が生まれ、これらを積極的に上演しました。
1850-1900年の間はフランスから招聘した振付師マリウス・プティパの活躍により、チャイコフスキーの3大バレエ「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」「白鳥の湖」を含むたくさんのクラシック・バレエの作品がこのバレエ団から誕生しました。
1886年、ボリショイ・カーメンヌイ劇場の老朽化によりここを閉鎖し、1860年に竣工したマリインスキー劇場を活動拠点としました。
1900-1930年の間、西欧ではバレエが衰退しパリでもバレエが上演されることがなくなりました。この時期にセルゲイ・ディアギレフによるロシア人を中心にしたバレエ団バレエ・リュス(1909-1929年)が、パリを中心に興行し、好評を博し、世界中で巡業して、衰退したヨーロッパのバレエ文化を再興しました。バレエ・リュッスの振付家、舞踊手の過半数は、マリインスキー劇場の出身者で構成され、ミハイル・フォーキンやヴァーツラフ・ニジンスキーらはクラシック・バレエにない新しいステップや民族舞踊を採り入れた革新的な振付で、モダン・バレエを生み出しました。また、20世紀初頭はバレエ・リュッスが解体し、そしてロシア革命を機に国外への亡命者が相次ぎ、そうした人達が他国のバレエ団でプリンシパルや振付を行い、バレエ文化の再興とクラシック・バレエを世界的に広める役割を果たしました。
ロシア革命(1917年)後、ソビエト連邦は首都をサンクトペテルブルクからモスクワに移し、国策としてモスクワのボリショイ劇場バレエ団をソ連を代表する組織にするために、 多くの優秀な舞踏家、振付家をボリショイ・バレエに輩出し、ボリショイ劇場のレベルをあげるのに貢献しました。

バレエのスタイル

ロシア帝国時代は、バレエ団への入団は貴族の子弟に限られていた為、貴族的で古典的な美しさを崩さず優雅で上品、特に腕のラインが美しいことを特徴としていました。特にコール・ド・バレエ(群舞)の評価が高く、ソビエト連邦時代は踊り手の身長・手足の長さなどのスタイルまで揃えていました。これは、舞踏家のレベルが高く、人材が豊富な証拠でもあります。

主要な初演作品

○ボリショイ・カーメンヌイ劇場
1862: 『The Pharaoh’s Daughter』? 振付:マリウス・プティパ、作曲:チェーザレ・プーニ
1864: 『The Little Humpbacked Horse』? 振付:Arthur Saint-L?on、作曲:チェーザレ・プーニ
1877: 『ラ・バヤデール』? 振付:マリウス・プティパ、作曲:レオン・ミンクス
○マリインスキー劇場
1890: 『眠れる森の美女』ー 振付:マリウス・プティパ、作曲:ピョートル・チャイコフスキー
1892: 『くるみ割り人形』ー 振付:レフ・イワーノフおよびマリウス・プティパ、作曲:ピョートル・チャイコフスキー
1895: 『白鳥の湖』[3] ー 振付:マリウス・プティパ、作曲:ピョートル・チャイコフスキー
1898: 『ライモンダ』ー 振付:マリウス・プティパ、作曲:アレクサンドル・グラズノフ
1907: 『レ・シルフィード』ー 振付:ミハイル・フォーキン、作曲:フレデリック・ショパン、編曲:アレクサンドル・グラズノフ
1956: 『スパルタクス』ー 振付:レオニード・ヤコブソン、作曲:ハチャトゥリアン

バレエの歴史に影響を与えた主な舞踏家、振付家

ミハイル・フォーキン ー 1898年入団(1905年振付師・教師) –> 1909年バレエ・リュス(振付師・教師)
アンナ・パヴロワ ー 1899年入団 –> 1908年海外巡演。1909年バレエ・リュス
タマーラ・カルサヴィナ ー 1902年入団(1909-1914年バレエ・リュス兼務) –> 1918年亡命。バレエ・リュス。1931年英国ロイヤル・バレエなどにバレエ・リュスやマリインスキー・バレエのレパートリーを伝授。
ヴァーツラフ・ニジンスキー ー 1908年入団(1909年バレエ・リュス兼務) –> 1911-1916年バレエ・リュス
ジョージ・バランシン ー 1921年入団 –> 1925-1929年バレエ・リュス(舞踏家/振付家)–> 1933年ニューヨーク・シティ・バレエ団を設立
ガリーナ・ウラノワ ー 1928年入団 –> 1944年ボリショイ・バレエ
ユーリー・グリゴローヴィチ ー 1946年入団(1962-1964年振付師)–> 1964年ボリショイ・バレエ(1988-1995年芸術監督)
ルドルフ・ヌレエフ ー 1958年入団 –> 1961年亡命。1963年英国ロイヤル・バレエ –> 1983-1989年パリ・オペラ座芸術監督
ナタリア・マカロワ ー 1959年入団 –> 1970年亡命。アメリカン・バレエ・シアターや英国ロイヤル・バレエなどで客演。
ミハイル・バリシニコフ ー 1967年入団 –> 1974年亡命。アメリカン・バレエ・シアター –> 1978年ニューヨーク・シティ・バレエ団 –> 1980-1989年アメリカン・バレエ・シアターのプリンシパル兼芸術監督
ファルフ・ルジマートフ ー 1981年入団 –> 1990年アメリカン・バレエ・シアター –> マリインスキー・バレエ

マリインスキー劇場の舞踊手達▷

 

マリインスキー劇場スケジュール▷

 

img_2928a

マリインスキー劇場オペラ

マリインスキ―劇場で初演された主な歌劇
・ ミハイル・グリンカ:『皇帝に捧げし命』、『ルスランとリュドミラ』
・ モデスト・ムソルグスキー:『ボリス・ゴドゥノフ』、『ホヴァーンシチナ』
・ アレクサンドル・ボロディン:『イーゴリ公』
・ ニコライ・リムスキー=コルサコフ:『見えざる町キーテジと聖女フェヴローニャの物語』
・ピョートル・チャイコフスキー:スペードの女王』
・ヴェルディ:『運命の力』

住所

1 Teatraljnaya Ploschadj, St.Petersburg

Санкт-Петербург, Театральная площадь, д. 1

写真集1▷

写真集2▷

お気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.