バレエ「ペトルーシュカ」 ストラヴィンスキー作曲 (あらすじ/内容)

ストラヴィンスキーの三大バレエ音楽の一つ。ペトルーシュカとはロシアのわら人形のことで、命を吹き込まれてたペトルーシュカが恋を知り死んで亡霊になるという物語です。

ディアギレフのバレエ・リュス(ロシア・バレエ団)のために、1910年から1911年にかけて冬に作曲され、1911年6月13日にパリのシャトレ座で 初演されました。

内容

第1場

オーケストレーションがロシアの祭日の喧騒とざわめきを描写します。ドラムにより老魔術師が出現し、突然に幕が開いて小劇場が現われます。魔術師は3つのわら人形―ペトルーシュカ、バレリーナ、ムーア人)―を取り出し、横笛を吹いて魔法をかけます。命を与えられたわら人形たちは、小さな舞台から飛び出して、踊り出します。

第2場

ペトルーシュカの部屋。
ペトルーシュカは、暗い部屋の中に入ります。ペトルーシュカは、バレリーナ人形に思いを寄せています。そこへバレリーナが入って来ます。ペトルーシュカは思いを告げようとしますが、バレリーナはムーア人といちゃつき始め、ペトルーシュカの心を打ちのめします。

第3場

派手に飾り立てられたムーア人の部屋。
ムーア人は、ペトルーシュカと違い、贅沢三昧の部屋で楽しく過ごしています。
すると、バレリーナが登場し、ムーア人が踊り出します。ペトルーシュカは、ムーア人の部屋に向かいムーア人に体当たりをしますが、打ち負かされ、部屋から逃げ出して行きます。

第4場(終幕)

再び市場の場面。

お祭り騒ぎが頂点に達し、人形劇場から叫び声が上がります。突然ペトルーシュカが、刃物を手にしたムーア人に追い立てられて、舞台を走りぬけます。ムーア人がペトルーシュカに追いついて殺してしまいます。警官は老魔術師を尋問しますが、老魔術師はペトルーシュカの遺体のおがくずを振って取り出し、ペトルーシュカがただのわら人形であるとみんなを納得させます。
夜になり、群集もいなくなると、魔術師はぐにゃぐにゃしたペトルーシュカのむくろを担ぎながら去ろうとします。すると、ペトルーシュカの幽霊が人形劇場の屋根の上に現われ、それに恐れをなした魔術師は慌てて逃げ出し、場内は静まり返り閉幕となります。

音楽  演奏時間は約35分。

第1部:謝肉祭の市 Fête populaire de semaine grasse
導入 – 群集 Début – Les foules
人形使いの見世物小屋 La baraque du charlatan
ロシアの踊り Danse russe

第2部:ペトルーシュカの部屋
ペトルーシュカの部屋 Chez Pétrouchka

第3部:ムーア人の部屋 Chez le Maure
ムーア人の部屋 Chez le Maure
バレリーナの踊り Danse de la Ballerine
ワルツ(バレリーナとムーア人の踊り) Valse: La Ballerine et le Maure

第4部:

謝肉祭の市(夕景) Fête populaire de semaine grasse (vers le soir)
乳母の踊り Danse de nournous
熊を連れた農夫の踊り Danse du paysan et de l’ours
行商人と二人のジプシー娘 Un marchand fêtard avec deux tziganes
馭者と馬丁たちの踊り Danse des cochers et des palefreniers
仮装した人々 Les déguisés
格闘(ペトルーシュカとムーア人の喧嘩) La rixe: Le Maure et Pétrouchka
終景:ペトルーシュカの死 ― Fin : La mort de Pétrouchka –
警官と人形使い ― La police et le chartatan
ペトルーシュカの亡霊 Apparition du double de Pétrouchka

アルトゥール・ルービンシュタインの依頼により編曲されたピアノ曲《ペトルーシュカからの3楽章》は極めて演奏困難なことで知られています。

お勧めのCDはやはりピエール・ブーレーズの演奏、他にアンセルメ、ドラティ、デュトワなど優れた演奏があります。

バレエ作品と内容▷

Follow me!