バレエ「パ・ド・カトル」 チェーザレ・プーニ作曲

チェーザレ・プーニの作曲、ジュール・ペローにより振り付けられた作品。パ・ド・カトルは4人の踊りの意。1845年7月12日にロンドンのハー・マジェスティーズ劇場で初演されました。

ロンドン王立劇場支配人のベンジャミン・ラムリーが企画。当時の4大バレリーナのファニー・エルスラー、カルロッタ・グリジ、ファニー・チェッリート、マリー・タリオーニに踊らせるというもの。タリオーニとエルスラーを一緒に踊らすことができず、エルスラーの代わりに新進気鋭のルシル・グラーンが踊りました。それぞれがトップダンサーと信じていたためペローは振付に苦心しましたが、各人の得意な踊りを取り入れ作品を作り上げました。その後、上演されることがなくなり振付も残されていませんが、1941年にアントン・ドーリンが振付を行い、現在様々なバレエ団により上演されています。


コーダ、メゼンツェワ、コムリョワ、コルパコワ、エフチェーエワ(マリインスキー劇場)

Follow me!