原作はアレクサンドル・デュマ・フィス(小デュマ)の同名の小説。ジョン・ノイマイヤーがショパンの音楽を用いて振り付け、1978年11月4日にシュトゥットガルト劇場で初演されましたた。全3幕。。

あらすじ

プロローグ

亡くなった娼婦マルグリットの邸宅、中央にマルグリットの肖像画。彼女の遺品の競売が行われています。マルグリットと関わりのあった人々が訪れる中、マルグリットの恋人であったアルマンが駆け込んできます。悲しみでアルマンは倒れてしまいます。彼を助け起こした父のデュヴァルも、家族のために良かれと思ってした事が悲劇を招き苦しんでいます。アルマンは、彼女の遺品を前に、マルグリットとの日々を思い起こします。

第1幕

劇場で、アルマンがマルグリットに初めて出会います。アルマンは美しいマルグリットに惹かれていきます。劇中劇で「マノン・レスコー」が演じられます。マルグリットとマノン、アルマンと騎士デ・グリュが鏡のように向かい合って踊られ、彼らの運命が暗示されます。マルグリットは気分が悪くなり居室に下りますがアルマンが見舞いにいきます。マルグリットも彼に心惹かれます。

第2幕

マルグリットのパトロンはアルマンとの関係を知り激怒しますが、マルグリットはアルマンを恋人だと宣言し、公爵と別れます。アルマンの父・デュヴァルは、2人の関係を知ると、マルグリットを訪ね、アルマンの妹の縁談があるので、息子と別れて欲しいと頼みます。マルグリットはアルマンとの別れに同意し、アルマンに手紙を残して姿を消します。アルマンは、マルグリットを追いパリに向かいますが、マルグリットが見知らぬ男と一緒のところを見て、裏切られたのだと思い絶望します。

第3幕

冬、パリのシャンゼリゼでマルグリットとアルマンは再会します。アルマンは当てつけに、愛してもいない女性と付き合い見せつけます。重い病に侵され、死期も近いと悟ったマルグリットは、無理をしつつアルマンのもとへ行きます。二人は激しく愛をかわしますが、マルグリットは別れた本当の理由を話すことができません。この夜のことを娼婦との一夜限りの出来事と思ったアルマンは、舞踏会でマルグリットに一夜の代金の入った封筒をたたきつけて侮辱します。マルグリットはショックで倒れてしまいます。
マルグリットは自分が死んだ後にアルマンに渡してもらうために、侍女に秘密を打ち明けた日記を書き残し、一人死を迎えます。 マルグリットが亡くなり葬式も終わったあと、真相を知ったアルマンが彼女の遺品の競売が行われている中、駆け込んできます。


パ・ド・ドゥから