歌劇「ヘンゼルとグレーテル」フンパーディンク作曲 (あらすじ/内容)

「ヘンゼルとグレーテル」は、ドイツの作曲家エンゲルベルト・フンパーディンクの作曲した全3幕のオペラ。原作は有名なグリム童話「ヘンゼルとグレーテル」。台本は作曲者の妹であるアーデルハイト・ヴェッテ、1893年12月23日にヴァイマルにて初演、後にロンドンやニューヨークでも公演されました。フンパーティンクの代表作、特にドイツ圏、英米でも比較的人気の高いオペラです。

登場人物

ヘンゼル(メゾソプラノ) 森で迷う兄妹の兄
グレーテル(ソプラノ) 兄妹の妹
ペーター(バリトン) 箒職人で兄妹の父
ゲルトルート(メゾソプラノ) 兄妹の母
お菓子の魔女(メゾソプラノ) 魔法でおびき寄せた子供たちを捕まえ食べてしまう悪い魔女
眠りの精、露の精(ソプラノ) 森の妖精。眠りの精は眠りにつかせ露の精が目を覚まさせる。

あらすじ

原作であるグリム童話とは異なる設定が多い。最大の改変は母親が実母で善人となっている点で、そのため、ほぼ全面的なハッピーエンディングの物語となっています。

第1幕

貧しいほうき職人の夫婦ペーターとゲルトルート、2人の子供のヘンゼルとグレーテルが住んでいました。ある日、留守番をしていた兄妹が言いつけられた仕事に飽き、遊んでいるところにゲルトルートが帰宅します。子供たちが仕事もせずに遊んでいることに腹を立てたゲルトルートは、ヘンゼルにお仕置きをしようとして、ミルクの入ったつぼを割ってしまいます。唯一の食料がなくなり困ったゲルトルートは、子供たちを森へいちごを摘みに行かせます。

ペーターが食料をたくさん持って、陽気に歌いながら帰宅し、ゲルトルートは機嫌を直します。しかし、子供たちが森へ行ったことを知ったペーターが、森にはお菓子の魔女が住んでいて子供を捕まえて食べてしまうと語り、2人は森へ子供たちを捜しに行きます。

第2幕

森の奥で兄妹は道に迷って帰れなくなり、日が暮れかかります。眠りの精が2人を眠らせます。

第3幕

露の精のおかげで兄妹が目を覚ますと、魔女が魔法で作ったお菓子の家が現れます。家の中から出てきた魔女に2人は捕まり、食べられそうになりますが、機転を利かせて逆に魔女を退治します。すると魔法により閉じ込められていた他の子供たちも助け出され、兄妹は両親と再会します。


序曲 オットマール・スウイトナー指揮

Follow me!