バレエ「シルヴィア」 レオ・ドリーブ作曲 (あらすじ/内容)

「コッペリア」「泉」とならんでレオ・ドリーブの3大バレエのひとつです。

原作は、トルクァート・タッソの『アミンタ』(Aminta)。1876年6月14日、パリ・オペラ座で初演。
初演時の評判はそんなによくなかったのですが、1952年にフレデリック・アシュトンの振付で有名になりました。
サンクト・ペテルブルグのマリインスキー劇場でもアシュトン版を採用しています。

チャイコフスキーは『シルヴィア』を絶賛しており、知人のタネーエフに「もし私がもっと早くこの作品を知っていたら、私は『白鳥の湖』を作曲しなかっただろう」と語ったとのことです。ワルツ・レントNO.4Bの美しいメロディー、抒情的な音楽、バレエ作品の傑作です。

主な登場人物
シルヴィア(Sylvia) – ディアナに仕える狩りの女神(ニンフ)。
アミンタ(Aminta) -羊飼いの若者。
エロス(Eros) – ギリシャの恋の神。
ディアナ(Diana) – 狩りと貞節の女神。
オリオン(Orion) – シルヴィアを連れ去る狩人。

内容/あらすじ

第1幕:聖なる森

物語は、森の精たちがエロスの像の 前で踊る礼拝の場面から始まります。羊飼いのアミンタは誤ってこの場に踏み込み、儀式を台無しにしてしまいます。そこへ、アミンタが思いを寄せるニンフのシル ヴィアが現れ、エロスを嘲ります。シルヴィアがエロスの像に矢を向けると、アミンタはこれを庇い、傷ついて倒れます。するとエロスの像が動き出しがシルヴィアを射ます。エロスの矢に射られたシルヴィアは死んでしまったアミンタに恋心を覚え、哀歌を歌います。

その様子を陰で見ていた狩人のオリオンが現れ、シルヴィアを連れ去ります。

農民達はアミンタの亡骸を見て嘆き悲しみますが、やがて外套をまとったエロスが現れ彼を甦らせます。エロスは正体を明かし、シルヴィアをオリオンが連れ去ったことを 伝えます。


ゆるやかなワルツ シルヴィアのヴァリエーション ダーシー・バッセル

第2幕:オリオンの島の洞窟

オリオンはシルヴィアを酒や宝石で気を引こうとしますが、シルヴィアはアミンタのことを 嘆き悲しむだけです。シルヴィアはオリオンを酔わせてエロスに 助けを求めます。エロスはすぐに現れ、アミンタが彼女を待ちわびている様子を見せ、2人はディアナの神殿へと向かいます。

第3幕:ディアナの神殿近くの海岸

アミンタはバッカス祭の 行われているディアナの神殿に着き、シルヴィアもエロスとともに到着し再開を喜びますが、そこへオリオンが現れます。シルヴィアはディアナの神殿に身を隠し、オリオンは後を追いかけようとしますが、狩りの女神ディ アナはこの行為に憤り、オリオンを打ちのめします。またアミンタとシルヴィアの恋も認めません。エロスはディアナに昔の恋人で羊飼いであったエンデュミオンの幻影を見せます。ディアナは考えを変えアミンタとシルヴィアの恋を認め二人は結ばれます。


ピチカート、シルヴィア・ヴァリエーション ダーシー・バッセル

音楽

第1幕 前奏曲
第1幕 No.1:スケルツォ(牧神と森林の女神)
第1幕 No.2:羊飼い(パストラール)
第1幕 No.3:狩の女神(ファランドール)
第1幕 No.4a:間奏曲
第1幕 ゆるやかなワルツ
第1幕 No.5:情景
第1幕 No.6:村人の行列
第1幕 No.7:情景
第1幕 No.8:魔法使いの登場(終曲)
間奏曲
第2幕 No.9:オリオンの洞窟 情景
第2幕 No.10:エチオピア人の踊り
第2幕 No.11:バッカスの歌
第2幕 No.12:情景とバッカスの踊り
第2幕 No.13:情景(終曲)
第3幕 No.14:行進曲とバッカスの行列
第3幕 No.15a:情景
第3幕 No.15b:バルカロール
第3幕 No.16a:ピチカート
第3幕 No.16b:アンダンテ
第3幕 No.16c:奴隷の踊り
第3幕 No.16d:ヴァリアシオン(ワルツ)
第3幕 No.16e:ストレッテ(ギャロップ)
第3幕 No.17:ディアヌの神殿(終曲)
第3幕 No.18:エンディミオンの登場(アポテオーズ)

特に「ゆるやかなワルツ」「バッカスの行列」「ピチカート」は単独で演奏されることも多いです。

DVDではコヴェントガーデン王立歌劇場バレエ団ロイヤルバレエのものがおすすめです。アシュトン版、シルヴィア役はダーシー・バッセルです。全曲盤CDではリチャード・ボニング、アナトール・フィストラーリ、ジャン・バティスト・マリ盤などがあります。抜粋版ではバレエ音楽の神様エルネスト・アンセルメ盤がおすすめです。

バレエ作品と内容▷

バレエ「ファデッタ(愛の妖精)」もこの音楽をもとに創作されています。

ペルミバレエ団 「ファデッタ(愛の妖精)」

Follow me!