歌劇「チェネレントラ」(シンデレラ) ロッシーニ作曲 (あらすじ/内容)

原題 La Cenerentola は、ジョアキーノ・ロッシーニが作曲したイタリア語オペラ。童話の『シンデレラ』を元にした物語で、台本はヤコボ・フェレッティによります。1817年1月25日にローマで初演されました。

登場人物

アンジェリーナ(チェネレントラ)、メゾソプラノまたはコントラルト
ラミーロ王子、テノール
ダンディーニ(王子の従者)、バリトン
アリドーロ(哲学者)、バス
ドン・マニフィコ(継父)、バッソ・ブッフォ
クロリンダ(姉)、ソプラノ
ティスベ(姉)、メゾ・ソプラノ
合唱(ラミーロ王子の宮殿の家来たち)

あらすじ

童話のシンデレラとは違い、魔法は登場しません。魔法使いの代わりに、王子の指南役の哲学者がチェネレントラを宮殿に導きます。ガラスの靴の代わりに腕輪が使われます。継母は継父になっています。

第1幕

ドン・マニフィコの邸宅。ボロ着を来たアンジェリーナ(チェネレントラ)は、わがままな二人の姉(クロリンダ、ティスベ)にこき使われながら、「昔あるところに王さまが」を歌います。乞食に扮したアリドーロが邸宅を訪れます。二人の姉は追い払おうとしますが、チェネレントラはパンとコーヒーを恵みます。そこへラミーロ王子の使者たちが現れ、王子が花嫁を探しているので、娘たちを宮殿に招待すると伝えます。

継父ドン・マニフィコが登場。騒ぎのせいで目が覚めたと怒り出し、ロバの夢の歌を滑稽に歌います。全員が退場したあとで、従者に化けたラミーロ王子が登場し、チェネレントラと出会います。互いに一目で恋に落ちた二人は二重唱を歌います。

王子に化けたダンディーニが家来たちを従えて登場。ドン・マニフィコと二人の姉にあいさつし、宮殿へ招きます。チェネレントラは、自分も連れて行ってくれとすがります。今度は正装したアリドーロが登場し、この家には娘が三人いるはずだと主張しますが、ドン・マニフィコは、チェネレントラは召使いであって三人目の娘はすでに他界していると嘘をつきます。アリドーロは取り残されたチェネレントラを連れ出し、宮殿へ送り出します。

舞台が宮殿に変わります。ドン・マニフィコは酒蔵の管理人に任命されます。有頂天になったドン・マニフィコは、合唱とともにワインに関する布告を滑稽に歌います。入れ代わりに王子とダンディーニが登場、ダンディーニは王子にあの姉妹は虚栄のかたまりだと伝えます。クロリンダとティスベが現れ、王子(ダンディーニ)に早く選べと迫りますが、どちらかは従者(王子)に嫁がせると言われて怒り出します。

新たな来客の到来が告げられ、着飾ったチェネレントラが登場し、全員がその美しさに驚きます。

第2幕

ドン・マニフィコは、王妃の父になることを夢見て滑稽な歌を歌います。入れ代わってチェネレントラとダンディーニが登場。チェネレントラは従者(王子)を愛していると告げ、王子に片方の腕輪を渡して立ち去ります。

王子はチェネレントラを探すために馬車を用意させ、愛の歌を朗々と歌います。入れ代わりにドン・マニフィコとダンディーニが登場し、ダンディーニは自分は王子に化けた侍従だとばらします。

舞台がドン・マニフィコの邸宅に戻ります。チェネレントラは再び「王様と純情な娘の歌」を歌います。嵐の音楽のあと、仮装をやめた王子とダンディーニが雨宿りに訪れ、王子はチェネレントラの手に腕輪を見つけます。ここで、驚いた全員による愉快な六重唱が歌われます。王子はチェネレントラに、あなたが私の王妃だと告げ、宮殿へ連れ出します。

再び宮殿に舞台が移ります。チェネレントラは継父と姉たちを許し、玉座に就きます。フィナーレではチェネレントラによる超絶技巧的な華麗なアリアが歌われ、幕を閉じます。


クラウディオ・アバド指揮 ラ・スカラ座管弦楽団

Follow me!