バレエ「マルコ・スパダ(盗賊の娘)」 フランソワ・オーベール作曲 (あらすじ/内容)

フランソワ・オーベールが1852年に全3幕のオペラとして作曲、57年にジョセフ・マジリエによりバレエ化されパリオペラ座で初演。現在、ボリショイで見られるのはフランス人振付師ピエール・ラコットによるもの。2013年のシーズンからボリショイのレパートリーに入りました。

内容:

物語は表向きは貴族だがその実は盗賊のマルコ・スパダとその娘アンジェラ、アンジェラの恋人フェデリッチ公爵をめぐる波乱の人間模様を描いたもの。最後はマルコ・スパダは銃に撃たれ死んでしまいますが、アンジェラは恋人と結ばれます。

ボリショイ劇場 第3幕から、アンジェラ:エフゲーニヤ・オブラスツオワ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください