ボリショイ劇場▷

ロシアで最も有名な劇場。バレエはロイヤル劇場、パリ・オペラ座と並んで世界最高の舞台を見せてくれます。ロシアのバレエ団は手の動きと腰の動きの美しさに特徴があります。劇場はヒストリカルの本館と、新館があり、また室内楽コンサート用のベートーヴェンホールがあります。

ボリショイ劇場公演スケジュ-ル

モスクワ・アカデミー音楽劇場(ダンチェンコ劇場)▷

スタニスラフスキー・システムで知られているモスクワ第2の劇場。正式名称はスタニスラフスキー及びネミロヴィチ・アンチェンコ記念モスクワ・アカデミー音楽劇場、通称ダンチェンコ劇場として知られています。日本には1970年第に初来日してブルメイステル版の「白鳥の湖」を紹介して一躍有名になりました。

ダンチェンコ劇場公演スケジュ-ル

ノーヴァヤ・オペラ▷

コロボフ創設のオペラ劇場。斬新な舞台。新しい解釈。ユニークな舞台が楽しめます。夏にはバレエ・フェスティバルが開催されます。

ノーヴァヤ・オペラ劇場公演スケジュ-ル

モスクワ・クレムリン劇場▷

本拠地は国立クレムリン宮殿(GKD)。クレムリンバレエ劇場は1990年「クレムリン大会宮殿バレエ劇場」として設立され1992年に「クレムリン・バレエ団」に改称しました。日本人ダンサー・小池沙織さんの活躍するバレエ団としても有名です。

民族舞踊アンサンブル「コストロマ」▷

毎年、6月から9月の間、コスモスホテルのコンサート・ホールでロシア民族舞踊の舞台を楽しむことができます。10年間、毎年、毎日のように舞台があり、内容も充実、素晴らし舞台を楽しむことができます。主に外国人観光団が訪れています。

チャイコフスキー・コンサート・ホール▷

モスクワでのクラシック音楽のコンサートはここで楽しむことができます。また、モイセーエフ民族舞踊団はここを本拠地としていますので毎月コンサートが行われています。モイセーエフ創設のアカデミックな舞台が楽しめます。地元ロシア人に人気の舞踊団です。

チャイコフスキーコンサートホール公演スケジュ-ル

チャイコフスキー音楽院大ホール・ラフマニノフホール・小ホール▷

チャイコフスキー音楽院付属のホールで、チャイコスフスキー・コンサートホールと並んでクラシック・コンサートを楽しめるホールです。チャイコスフスキー・コンクールの会場にもなっています。

モスクワ・クラシック・バレエ劇場▷ 

1966年ソ連文化省により創立、現在、ウラジ-ミル・ワシリョフ、ナタリヤ・カサトキナが率いるバレエ団、主にクラシックバレエを上演。毎年、夏の間(8月)ノーヴァヤ劇場にて「クラシックロシアバレエのスター達」というクラシカル・バレエ・フェステイヴァルを開催しています。

ラムト劇場▷ 

レーニン勲章ロシア・アカデミー・ユース劇場(ラムト劇場)は1921年に創設された劇場です。この劇場では毎年7月、8月の間サマーバレエシーズンが開催されいくつかのバレエ団の公演が毎日のように行われます。演目もジゼル、白鳥の湖、眠りの森の美女、くるみ割り人形、ドン・キホーテ、バヤデルカ、ロミオとジュリエット、シンデレラなどバレエの代表的な作品を鑑賞することができます。

イーゴリ・モイセーエフ民族舞踊アンサンブル▷

イーゴリ・モイセーエフ記念国立アカデミー人民舞踊アンサンブルは1937年に創立された民族舞踊団です。1940年からはチャイコフスキーコンサートホールを拠点として活動しています。コサック舞踊など楽しいプログラムがたくさん。