ボリショイ劇場券、エルミタージュ劇場券(バレエ)白鳥の湖のチケット手配

アルト-ダ劇場バレエ団

芸術監督:ワレンチン・グリシェンコ

古典バレエと現代バレエの高度な創造的潜在性を持つ若く将来性のある劇場創設の必要性により、ワレンチン・グリシェンコが2005年にアルト-ダ劇場バレエ団を創設しました。

彼のモットーである「才能とロシアバレエの古典的伝統への古典バレエへの帰依」が主要な目的であり、重要な原則となっています。それは、ロシアバレエの巨匠たちの創造的遺産の保護だけではなく、舞踊芸術における新しい様式のあくなき追、及び新しい造形の方向性や舞踊の可能性の発見にあります。

主なレパートリーとして世界のバレエ名作である「ジゼル」、「ロミオとジュリエット」、「カルメン組曲」、「ショピニアーナ」、「ワルプルギュスの夜」、「白雪姫と7人の小人達」、「シンデレラ」、そしてチャイコフスキーの三大バレエ「白鳥の湖」、「くるみ割り人形」、「眠りの森の美女」があります。

現在、バレエ団には40名のダンサーが所属し、モスクワ、レニングラード、ペルミ、ノヴォシビルスク、キエフの舞踊学校の卒業生たちからなります。フランス、イギリス、イタリヤ、スペイン、アメリカ、日本、中国その他の国での海外公演にも参加しています。

また、国際コンクールの受賞者、参加者、ボリショイ、マリインスキー、キエフ劇場、ダンチェンコ劇場、リトアニア国立バレエ劇場その他の主要なアーティストとも協力関係にあります。

第18回サマーバレエシーズン2018 ラムトにて アダン作曲 バレエ ジゼル 第2幕から

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.