サマラ・アカデミー・オペラ・バレエ劇場は最も大きなロシアの音楽劇場の一つです。劇場は1931年6月1日にオープンしました。バレエ団はマリインスキー劇場のソリストであり、伝説的なディアギレフのロシアバレエ団の参加者でありましたエフゲニヤ・ロプホワが率いました。その後、バレエ・マスターとしてアグリッピナ・ワガノワの教え子であり才能ある振付師ナターリヤ・ダニロワや伝説的なサンクトペテルブルグのバレリーナであるアラ・シェレスト、マリインスキー劇場のソリストイーゴリ・チェルヌイショフ、ソ連邦人民芸術家ニキータ・ドルグーシンが活躍しました。

この劇場は5名の人民芸術家、19名の功労芸術家、20名の国際コンクール、ヨーロッパコンクールの受賞者を擁し芸術的水準は非常に高いです。

20017年からはロシア連邦功労芸術家であるユーリー・ブルラカが指導しています。