マリウス・プティパ記念ロシア・クラシックバレエ団は2007年に創設されました。

バレエ団は、ロシアのバレエの伝統的な伝統に対する才能と献身をモットーとしています。ロシアバレエの古典的伝統及び巨匠達による創造的遺産の保存、そして新しい振付芸術の可能性の探求を目的としています。

主なレパートリーとしては、世界のバレエの傑作アドルフ・アダンの 「ジゼル」、セルゲイ・プロコフィエフの 「ロミオとジュリエット」と「シンデレラ」、レオン・ミンクスの「ドン・キホーテ」、ビゼー作曲シチェドリン編曲の「カルメン組曲」などがあります。また特別なレパートリーとしてチャイコフスキーの3大バレエ「白鳥の湖」、「くるみ割り人形」、「眠れる森の美女」があります。

バレエ団には40人以上の舞踊手が在籍しています。主にモスクワ、サンクトペテルブルグ、ペルミ、ノボシビルスク、キエフなど 旧ソ連の有名バレエ学校の卒業生達です。

バレエ団は、これまでにイタリア、スイス、フランス、スペイン、ポルトガル、ポーランド、ルクセンブルク、中国、メキシコ、エルサルバドル、グアテマラ、コスタリカ、ニカラグア、パナマ、アメリカ、アラブ首長国連邦などで海外公演を行いました。

芸術監督であるバレンティン・グリシェンコは、バレエは踊り手と観客から魂の特別な感覚を要求する芸術形式であると考えています。ロシアの古典的なバレエの伝統を守りながら、世界中でこの芸術の発展のために貢献しています。