バレエ「瀕死の白鳥」 ミハイル・フォーキン振付 (内容)

ミハイル・フォーキン振付「瀕死の白鳥」 
バレエはカミーユ・サン-サーンスが作曲した「動物の謝肉祭」から美しいチェロの独奏で有名な「白鳥」をミハイル・フォーキンがアンナ・パブロワのために振り付けた約4分の小品(1907年)。

内容は
湖上で一羽の傷ついた白鳥が、必死にもがきながらも生きようとして、やがて息絶えるまでを表現してバレエ作品。


アンナ・パブロワ 1925年

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください